×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乱視のメカニズム

乱視のメカニズム

エキシマレーザーによる屈折矯正手術は、 驚くほどの勢いで世界中に普及し、
中でもレーシック手術は、今ではアメリカでは年間150万人以上の方が
受けるポピュラーなものに なっています。
レーシックは、手術中、手術後もともに痛みがほとんどなく、
視力の回復も早いことから、いまや近視手術の90%以上を占めています。

このサイトでは、レーシックを検討されている方に、
近視や乱視について、目のケアなどについて
ちょっとしたマメ知識をお届けしていきます。

乱視のメカニズム

乱視は、縦と横の屈折力が異なり、1点に合わせて
像が結べないために、見え方にばらつきが生じるものです。

通常、正常な角膜はバスケットボールのような形状で
垂直方向も水平方向も同じカーブを保っています。
しかし、乱視の角膜はラグビーボールのように、
方向によってカーブの度合いが異なるため
巣直と水平で結ぶ像の焦点が一致しないのです。

一方にだけピントがあって、もう一方がぼやけて見えたり、
双方ともぼやけた見え方をするなど、乱視には、屈折以上の
起こり方にいくつかの種類があり、見え方もそれぞれ異なります。

→乱視のメカニズム 続き


レーシックについて、まずは無料説明会へ

神戸クリニック


→携帯からもレーシック適合検査予約できますよ♪

【ご案内】

メールはこちら!
   までお願い致します。

【目の健康関連リンク】


 リンク集

アクセスアップ!相互リンクサイト【Fais.biz】
【相互リンク Ps-Fais】懸賞・プレゼント情報館